« FLASH+AfterEffects 「ブレンドモード:スクリーンを使ってファイルサイズ軽減」 | トップページ | Processing 「ブレンドする方法」 »

2007年7月28日 (土)

FLASH+AfterEffects 「じわーっと消える(出てくる)エフェクト」

AfterEffectsで作った素材を使ってエフェクトをかける例を1つ。

<AfterEffectsにて>
・新規コンポジションを作成
 サイズは今回は320、240
 フレームレートは30
 デュレーションは5秒
・そのコンポジションに平面レイヤーを配置
 サイズはコンポと同じ320、240
 色はなんでもいいと思うけど、とりあえず黒で。
・[エフェクト]-[ノイズ&グレイン]-[フラクタルノイズ]を使用
 コントラストを高めに設定
 スケールを適当に調整
 展開を0:00~5:00まで(最初から最後まで)軽く変化させる
 明るさ(輝度)を0:00の時に真っ白に、5:00のとき真っ黒になるように変化させる
・[エフェクト]-[キーイング]-[カラーキー]で白を抜く
 カラー許容量は適当に
 エッジもぼかしてみる
・FLVでアルファチャンネル付きで書き出し(PNGでもOK)
 画質は適当に。汚くても大丈夫かと。

↓これでできたのをFLASHに読み込んだのがこちら。背景色は白にしてるので、白いとこが透明になってます。

ここで「アルファマスクの別のやり方」をやってみます。

・画像を1枚読み込みMCにする。(今回の例では夜景のやつ)
・そのMCの中で画像の上のレイヤーに↑で作ったFLVを配置(MCにして)
・FLVのMCのブレンドモードを「消去」にする。
・画像とFLVのMCが入ったMCのブレンドモードを「レイヤー」にする。

画像がじわーっと消えてく感じになります。

↓できたのがこちら。分かりやすくするために下に画像を1枚置いてます。

FLAファイルはこちら。

ブレンドモードを「消去」にしたところを「アルファ」にすると動きが逆になります。

ちなみにAfterEffectsではトラックマットを使用すると同じような効果になります。
AfterEffectsのほうでこの効果を作るという手もあるけど、エフェクトにかける画像に修正が入ったりしたら面倒です。複数のものに同じエフェクトをかける場合もこっちのほうが手間もファイルサイズも軽減されます。
エフェクト用のノイズは実際に目に見えるわけではないので、画質低めで、サイズも小さめで書き出して、FLASH側でサイズを大きくして使ってもそんな問題ないかと思います。

|

« FLASH+AfterEffects 「ブレンドモード:スクリーンを使ってファイルサイズ軽減」 | トップページ | Processing 「ブレンドする方法」 »

コメント

こんな方法があるんですね
勉強になります

投稿: | 2008年1月24日 (木) 10時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: FLASH+AfterEffects 「じわーっと消える(出てくる)エフェクト」:

« FLASH+AfterEffects 「ブレンドモード:スクリーンを使ってファイルサイズ軽減」 | トップページ | Processing 「ブレンドする方法」 »